私には「おねしょた」の才能がないかもしれん

世の男どもが大好きなイヤらしい業界、中でもオタク寄りの二次元な界隈にて広く好まれているジャンルに「おねしょた」というものがあります。


名前の由来は単純に【お姉ちゃん】ショタコンの合体です。この合体に如何わしい意味はありませんが、もちろん如何わしい本ではバッチリ合体したりもします。

 

 

 

幼さの残るローティーン少年と年上お姉ちゃんの組み合わせを指したジャンルであるので年齢差やシチュエーションに決まりがある訳ではないですが、既に王道としての設定が(オタクの)大衆に受け入れられている為、突飛な設定や関係性などは意外と受け入れ口が少ないという特徴があります。ショタが複数人で強気攻めするだけで作品はボコボコに批判されるし、ついでにガイアもボコボコにされている。


そんな私も“おねしょた”は昔から大好きであり、性や女性について無知なショタが年上お姉さんと関係性を持つ設定が大好き。逆にショタ優位は嫌いなのでガイアをサンドバックにしたことは2度や3度ではありません。

 

f:id:KAI777:20200315181748j:plain

グラップラー刃牙 19巻

 

続きを読む

ハイクオリティーな違法フリスクを作りたい

皆さんはネット掲示板で昔流行った『フリスクコピペ』というものをご存知でしょうか。

 

渋谷でアホそうな若者に「凄いクルから気をつけてよ」ってラップで包んだフリスク5粒を3千円で売った。

 

 

昔のコピペは令和になった今でも面白さが色褪せません。まだまだ面白いし、思い出し笑いとかもしちゃう。

私はその中でも特にこのフリスクコピペが好きです。しょーもない悪戯が短文に纏められていて、読んでるこっちがアホそうな若者を想像しちゃうんですよね。

正直な話、今の時代にこれをTwitterとかに書いても嘘つき扱いでボコボコにされた挙句に通報まで行きそうなのが残念なところです。これが時代の流れってやつなのでしょうか。令和許せねぇ……

 

 

無常にも時が過ぎていき、私もアラサーの立派な年齢となってしまいました。

私が初めてこのコピペを読んだのが多分18歳なので、フリスクコピペとも10年の付き合いに突入することとなります。

じゃあ10年で何か変わったか⁉と聞かれれば、私自身に変化や成長があった訳ではありません。せいぜいアホそうな若者に毛が生えた程度の変化でしょう。

 

 

面白さの変わらないコピペと、精神年齢の変わらない私。

しかし流石に10年の時は長かった。

初見では気がつけなかったことも5年あれば違和感に変わり、10年あれば確信となります。

私が10年かけて到達した、フリスクコピペの疑問点。

それは………

 

 

ラップで包んだフリスクじゃ騙すの無理じゃない!?

 

f:id:KAI777:20200125194844j:plain

 

 

 

 写真を撮ると一目瞭然なのですが、とにかくフリスクにしか見えない。

「白い錠剤」「刺激的な味」「手作業っぽい包装」という要素から、まるで危ない薬物かのような妄想を促しますが、フリスクどんなに取り繕ってもフリスクです。

ラップ包装も雑さを表した記号として活躍していましたが、現実では足を引っ張っていますね。ただの悪ふざけにしか見えません。

フリスクコピペは読者個人の想像力によって説得力を持たせていたのでしょう。書いた本人にそこまでの狙いがあったかどうかは別ですが。

 

 自分でフリスクをラップで巻いたら想像とのギャップにダメージを受けました

ただまぁラップで巻いているのが安っぽさを強調しているだけの気がするので、そこを工夫すれば危ない薬物らしさが出ると思うんですよね。

どうせだったら再現してもがっかりしないクオリティーの違法フリスクも見てみたくなるものです。

こいつとも10年の付き合いですし、ここは私がバッチリ危険ドラッグっぽいフリスクに仕上げてやりたいと思います。

せめて渋谷のアホそうな若者くらいは騙せるようにしてやりますよ、ガハハ!!!

 

 

続きを読む

真夜中に吼えろ!大雨の声優ライブ!

 ちょっと前の話なんですけど、声優ライブの帰り道で大雨に降られたことがあったんですよ。

 

 

その時は偶々運が悪くて家に帰るのが遅くなり、家の最寄り駅まで終電でたどり着けなかったんです。

なので最寄りからはちょっと遠い駅でたどり着いて、まぁ歩いて30分ぐらいの距離だからタクシー使うのも勿体ないよなって気持ちで歩くことを決意しました。

まさか決意をして駅を出た1分後に突然大雨が降ってきたのは予想外でしたが

 

仕方がないのでコンビニでビニール傘を買い、ついでにコーヒーなんかも買っちゃって雨の中の行進を再開することに。ライブ後で疲れてはいましたが、雨音を聴きながらコーヒー飲むのもなんだか乙じゃん的な感じでテンションも徐々に上がっていきます。

 

気持ちが良くなった私はコーヒーの缶を道端のゴミ箱に捨て、しばらく無言で歩いていくと、今日のライブの思い出が体の芯からせり上がってきました。いてもたってもいられずイヤホンを耳に装着。スマホをスイスイ動かして、今日のセットリスト(ライブの曲順のこと)を順番に流していきます。

 

するとどうでしょう。

イヤホンから聞こえる小倉唯(可愛い声優さん)の声がいつもより鮮明に聞こえるんですよ。まるで一対一で歌を聴いてるみたいなクリアさを感じるようになったんです。

 

f:id:KAI777:20191103023521j:plain

続きを読む

陽の者による陰の者攻略法~夏編~

学校生活において、クラスのイケてるグループ(陽の者)とイケてないグループ(陰の者)の仲が必要以上に悪いことが多々あります。
しかし、険悪さのピークは小学校から中学校辺りではなかったでしょうか。


もちろんゼロになることはありませんが、高校生にもなると学生達にも社会性や倫理観、あるいは単純な損得勘定などを持つようになり、「敵対しても意味ないな…」といった結論を出していきます。
高校卒業して大学や専門学校に行くと自分のコミュニティを作り始め、社会に出ると自分のことで精一杯になってしまう。
他人への興味が薄れていくことが人間にとっての成長に繋がるんですね。

 

 

さて
学生達が少しだけ大人になった頃、新たに台頭してくる新勢力が出現します。
それは陰を懐柔する陽の者と、陽に取り入る陰の者
人間関係の価値観がフラットになったことにより、よそのシマを攻略して自分の味方を増やす新時代の強者が誕生するのです。

 

f:id:KAI777:20190911191822j:plain



続きを読む

温かいパスタよりも旨い冷製パスタを食ったことが無い

冷製パスタって食べたことありますか?


本来なら暖かい状態で食べるべきパスタを、何故か敢えて冷やして食べる逆張りメニュー。
ソースと絡めることを考えれば暖かいパスタの方が良さそうなものですが、冷やして食べる方も一定需要があるようです。

 

 

あくまで個人の感想なのですが、私はどうもこの冷製パスタの良さというモノがわかりません。オイル系でもクリーム系でも、大体は温製パスタの方が旨いと考えています。
実際、いいお店で旨い冷製パスタも食べたことあるんですよ。あの時の蟹クリームの冷製パスタみたいなやつは確かに旨かった。でもね、その後に食った温製のカルボナーラの方が100倍旨かったんです。

 


結局のところ冷製パスタを美味しく作ろうと思うと高度な技術が必要で、その技術があれば温製パスタはもっと旨くなっちゃうんですよ。
なので冷製パスタが温製パスタを超える事は今後無いと思っています。

 

f:id:KAI777:20190910224426j:plain

続きを読む

「乳のデカい女」が一番好きな男は思ったより少ないかもしれない

いい大人の年齢になってくると話す頻度が増える話題の一つに「好きな異性のタイプ」というものがあります。
子供の頃は修学旅行の夜ぐらいでしか話題にしなかったはずなのに、アダルト社会人たちはその辺の居酒屋で好みの異性タイプで連日大盛り上がり。
年齢が上がるにつれて性の話題に鈍感になっていく感覚が私にもあり、これがあと20年ほどアップデートされれば世に言うセクハラおやじになるのかな、とか思ったりします。

 

 

こういった場において好きな異性のタイプを聞かれた時、私はよく「可愛くてオッパイが大きい女性が好きですね」と答えます。
実際のところ巨乳と同じぐらい貧乳も好きなので上記の返答は半分嘘なのですが、巨乳好きだと思われるとそれ以上の追及が来ないので楽なんです。
多分、私以外にもこのライフハックを活用している人はいるのではないでしょうか。

 

f:id:KAI777:20190825144035j:plain

 

続きを読む

プール監視員バイトで出会った変態おじさん達のサマーウォーズ

金が欲しい!でも頑張りたくない!
という欲望に忠実な学生がこぞってGoogleに『バイト 楽勝』と検索し、インターネットを信じて痛い目を見るという事象は古今東西で発生します。
私も例に漏れず大学生時代は頑張らなくてもいいバイトをネットで必死に探していました。その労力と時間でお金稼げばよかったのに。

 

f:id:KAI777:20190816231717j:plain

 

そんなネットの楽なバイト界隈では有名なプールの監視員バイトをやっていた時期が私にもありました。
私は労働全般が今も昔も大嫌いなのですが、このプール監視員バイトは楽な上に刺激的で面白かったです。
今回は私の体験したプール監視員バイトの仕事と、その最中に観察した変態おじさん達の生き様について書いていきます。
プールの監視員やってみたいよー興味あるよーって人は是非参考にしてください。

 

 

続きを読む